MENU

新生児(生後1ヶ月〜)の紫外線対策

 

新生児の時ってあまり外に出る機会は少ないし、避けようとするけど、万が一の場合の紫外線対策ってみんなどうするの!? 必要なの?

 

新生児の肌は、皮膚が非常に薄く、肌に対する刺激の経験が少ない為、ちょっとの刺激にも敏感に反応します。大人の肌ならばたいした刺激にならないことも、新生児の肌には大きなダメージを与えることもありえるので注意が必要です。

 

ただ、そんな無防備な肌を守るために新生児の肌には、白い胎脂(たいし)と呼ばれるものが付いています。これは一見、肌がふやけたり汚れに見えますが、新生児の肌を守る特殊なバリア機能を果たしてくれます。

 

しかし沐浴をしていくうちに胎脂は落ちていき、新生児の肌のガードが1つなくなってしまいます。胎脂が減る頃に、産院から退院することが多いので、紫外線の強い春から秋の初めにかけてはきちんとガードしてあげる必要があると言えるでしょう!

 

新生児が紫外線を浴び過ぎるとどうなる!?

以前は真っ黒に日焼けした子どもは元気に遊んでいる証拠と言われていましたが、最近はそれに加えて、真っ黒に日焼けしている時は皮膚の細胞が傷付いているかもしれない、という見方があります。もちろん過剰な表現の一種ですが。

 

新生児の肌は一番敏感で刺激に弱いですから、最も皮膚や皮膚細胞が傷つく恐れのある状態です。新生児が紫外線を浴び過ぎると、肌が傷つくだけではなく皮膚細胞までダメージを受けてしまう恐れもあるのです。

 

個人差にもよりけりですが、新生児は髪の少ない状態で生まれる場合もあるので、頭皮にも紫外線があたりやすい特徴があります。紫外線は皮膚だけではありません。直接紫外線を浴び続けると、白内障といった目の病気にもかかりやすくなりますのでやはり、注意が必要になります。

 

 

新生児は最初は日光浴程度で、一般的に長時間のお散歩は敬遠するのがベターでしょう。しかし、生後1ヶ月をめどにどんどん外出機会も増えていきます。

 

その為、新生児は紫外線にあたる時がないだろうと思われがちですが、様々な時に紫外線を浴びている可能性があります
室内にいても、天気が良いからとカーテンを開けていれば日ざしは赤ちゃんに直接あたるし、太陽が高く昇っている時間帯にずっと日なたに寝かせておくことも、紫外線を浴びる可能性を高くしてしまいます。

 

もしも紫外線を浴びて肌が真っ赤になった時は、冷たいガーゼやタオルで肌を落ち着かせてから低刺激のミルクローションをつけておきます。

新生児の肌にダメージがある時は、日中の外出は極力控えるようにします。新生児のうちは無理に外出したり、お散歩をしなくても大丈夫です。肌をゆっくり休めて様子をみながら、不安な時は医師に相談しましょう。日焼けによるかぶれや炎症、熱を持っている時はセルフケアにとどめず、必ず早期受診を心がけてください。

 

 


このページの先頭へ