MENU

赤ちゃんの虫除けってそんなに必要!?

蚊や虫が多い季節は、ちょっとしたことでも虫刺されが気になりますよね。赤ちゃんや小さなお子さんの肌はやわらかく抵抗力がまだ弱いので、蚊に刺されただけでも赤く腫れてしまったり、大人よりも症状がひどくなりがちです。でも、せっかくのいいお天気だし、暖かくなって外の空気が気持ちのいい時などは、赤ちゃんを連れての外遊びや散歩が楽しくなりますよね。なので、ママさんがしっかりと蚊以外の虫たちが赤ちゃんに群がるのも避けて、赤ちゃんの敏感なお肌を守るために、しっかりと虫除け対策をして快適にお出かけしましょう。

 

赤ちゃんに特に気をつけたい虫の種類は!?

  • 蚊・イエダニ・ノミ・毛虫・シラミ
  • ブヨ・アブ・マダニ
  • ハチ・ムカデ・カミキリモドキ

 

赤ちゃんの虫除け対策

赤ちゃんの肌はやわらかく抵抗力がまだ大人に比べて弱いため、蚊に刺されただけでも大きく赤く腫れてしまったり、かゆみがしつこく残ってしまうことが...。刺されたあとをお子さんが掻いてしまって「とびひ」になってしまうことも考えられます。なので、しっかりと対策をしてお出かけしましょう♪

 

肌の露出を極力少なくする

といっても、赤ちゃんは体温も高くて暑がり。でも、露出を多くし過ぎる虫除けにならないので、通気性の良い服装で肌の露出を抑えておでかけしましょう。

 

肌を露出しってしまう顔や手足などは虫除けで対策

服で覆えない手や足、首から上に虫除けをつけてあげましょう。虫除けスプレーを使うときは目や口に入らないように気をつけることと、赤ちゃんも安心して使える植物由来のオーガニックな成分を選んであげましょう!

 

発汗をこまめに拭いてあげ、塗りかさねていく

蚊は汗をかいた肌が大好きです。子どもは汗っかきなので夏場は特にすぐ汗をかいてしまいますが、こまめにふいてあげるようにしましょう。虫除けの効果も時間が経つと次第に薄れてきますので、商品の裏に書いてある効果の持続時間を目安につけなおしてあげましょう。

 


このページの先頭へ